営業が終わったら勉強する事が山積みなわたしです。
こんばんは、いつも電斉屋、及びブログを見ていただける皆さんありがとうございます。

わたしはこの33歳という年になって、今更色々な勉強に手を付けています。
例えば宅建だったり英語だったり・・・
ブログを書くようになってからは文章の書き方を一から勉強しなおしていたりします。大学卒業はなぜか肉体労働系の仕事に就いたので勉強からは遠ざかっていたので(笑

今なら若い頃の自分に言えます!
学生のうちに真剣に勉強しておいた方がいいよ!

クレジットカードで購入したAmazonギフト券の買取

というところで若かりし頃の後悔を書いたところで本日のお話です。
ぶっちゃけ、クレジットカードで購入したAmazonギフト券って買い取れるの?という話です。

クレジットカードでアマゾンギフト券を買う方法となると、Amazonのサイトやpincomからの購入だったり、ちょっと変化球を付けるならコンビニやドンキホーテなんかで可能です。
なぜ変化球かというと、コンビニ(セブンイレブンやファミマリーマート)では一度電子マネーにチャージしたり、そのコンビニで発行しているクレジットカード(ドンキホーテもドンキで発行しているクレジットカードで無いと購入できません)でないとクレジットカードで購入出来ないからです。

一口に、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入する、と言っても、様々な方法があるものの、一番手っ取り早い方法はアマゾンのサイトで直に購入する事なわけですね。
実際のところ、こういった『クレジットカードでAmazonギフト券(というか金券)を買う』という行為が可能な店はとても少なく、大っぴらに可能としているのはアマゾンくらいだと思います。

そんなアマゾンギフト券ですが、実際に買い取るとした場合、業者としてはどうなのか?
正直に言うとクレジットカードで購入したAmazonギフト券は業者側としてもウェルカムです。
現在ネットショッピングの最大手がどこかと問われれば間違いなくAmazonです。
Amazonを利用している人は日々増加しており、特定のジャンルに限定しなければ他のどの業者の追随も許さない規模であると断言できます。
そんなAmazonで利用可能なギフト券を買い取れるのであれば業者側からすれば処理先さえ確保できるのであれば資金がある限り買い取りたいと思うはずですし、実際電斉屋でも資金が許す限り買取をしたいと考えています。

そういった状況から業者間の競争が過熱し過ぎた結果、誇大広告が横行しているわけですね。
なんせ買取さえ出来ればいいわけですから。
言ってしまえばクレジットカードのショッピング枠を現金化しているのと変わらないわけですが、急場しのぎでクレジットカードでAmazonギフト券を購入し、買い取ってもらう、というのは非常に有効な手段です。
ただし業者選びは慎重にお願いしますね。