Amazonギフト券をもらったりあげたりする事もありますが、実際のところ有効期限ってどれくらいなのかというと、1年です。一般人が手に入るであろうアマゾンギフトであれば、コンビニで手に入るシートタイプが例外として3年の有効期限があるものの、どのようなタイプであっても例外は存在しません。
但し、それはあくまで『一般的』に手に入る枠組みの中ではの話です。

一般的じゃないAmazonギフト券ってあるの?

あまり接する機会がないので知らない人が多いのですが、実はAmazonギフト券にはわたし達一般消費者が目にする物とは別に『法人向けAmazonギフト券』とい物が存在していて、こちらについては一般向けと同じ様に購入する事は出来ません。
アマゾンとの特別な契約を結ぶ必要があるからです。
この『法人向けアマゾンギフト券』の有効期限は2年と、一般向けの物よりも一年長くなっていて、期限が長いだけで通常のギフト券と同じように使用可能ですが、贈答用に使われるだけなので恐らく普通に暮らしているとお目にかかる事はそうそうないでしょう。

有効期限が切れたアマゾンギフト券

さて、Amazonギフト券の一般的な有効期限は1年ですがよっぽどの事が無い限り使い切ってしまうものですが、極まれに有効期限を切らしてシマウケースが存在します。
そんな時どうすればいいのでしょうか?

実は、期限が切れた未使用のギフト券はアマゾンの連絡する事で一度だけ有効期限を延ばしてもらう事が出来ます。
やり方はAmazonのカスタマーセンターに連絡するだけです。

注意点としては、チラっと触れた通り、一度だけ可能であるという事、また有効期限が切れる前に延長は出来ず、あくまでも『有効期限が切れたもの』しか延長出来ない、という事です。
また、未確認ながら、過去にトラブルが頻発している顧客からの延長申請は受け付けないケースもあるみたいなので、人気の新商品を予約をしては利益が見込めないからキャンセル!という事を繰り返しているアカウントについては延長が出来ない可能性もあります。
ただしこれに関してはあくまでも『噂』レベルでもあるので、1年かけて検証するしかないですね。

Amazonギフト券の有効期限は1年意識して使いましょう

Amazonギフト券は一年、物によって2年3年という長い有効期限が存在しています。
アカウントに登録してしまったギフト券はAmazonで買い物をするしかありませんが、未登録の物であればアマガイドをはじめ、各買取業者が買取ってくれます!

せっかく手に入れたギフト券を無駄にしない様に注意しましょう!